ALIVEブログ

さくら。

2020年04月09日

県内でもコロナ感染者が日に日に増えていて、毎日コロナのニュースばかりで気が滅入ってしまいますね。

福島県ホームページ

ALIVEでもマスクやアルコール消毒などを徹底してうつらないように、そしてうつさないように日ごろから徹底していますよ。

1日でも早く落ち着いて元の生活に戻れる日が待ち遠しいですね。

そんな中、郡山も桜が満開になってきましたね。

大勢でお花見なんてことは出来ませんが、仕事の通勤などで満開の桜を見ると疲れた心も癒されますね。

家にばかり閉じこもっていると、気が滅入ってしまうので桜を見ながら近所を少しお散歩すれば気分転換になりそうですね。

 

 

生前整理/市内S様

2020年04月08日
依頼内容
ごみ屋敷状態の家の片付けをお願いしたい
この家の持ち主の保佐人の方から、ご本人が現在施設に入所している為、家の片付けをお願いしたいとご依頼がありました。作業日はお任せしますという事でしたが、ごみ屋敷状態のため暖かくなると食品が腐るなどして臭いなども出てくるため早めに対応致しました。また、家財の片付けの他にもトイレの汲み取りや風呂釜と浴槽の撤去もお願いしたいという事でこちらで全て手配いたしました。煙草を吸う方だったようで吸殻が色々なところに挟められており今迄火事にならなくて良かったなと感じました。ごみや物が多い状態で火事になってしまうとあっという間に火が広まってしまう恐れがあるので特に注意が必要ですね。
サービス内容
清掃無料サービス
お立会い不要
貴重品の捜し出し

間取り

2K+プレハブ小屋

作業日数

3日間

述べ作業人数

9名

家での過ごし方。

2020年03月27日

ホームページに作業事例とアンケートを新しくアップしたのでよかったらご覧ください。

介護施設や病院などはコロナウイルスの影響も大きいので、なるべく顔を出すのを控えておりますが当社は通常どおり片付けの作業や相談など承っております。

県内では感染者がまだ少ないため、東京のような不要不急の外出は控えるようなことまではしなくても大丈夫ですが、いつどこでうつるか分からない為休みの日に人混みに外出するのはちょっと怖いですよね。

うつってしまうのも怖いですが、知らずにうつしてしまうのがもっと怖いですよね。

家に引きこもる時間も長くなってしまうので、ついつい運動不足になってしまいますね。

家で過ごす時間が長くなるこの期間に家の片付けなどをしてみてはどうでしょうか?

生前整理をしようと考えているが中々出来なかった…

家でゆっくりする時間が少なく中々家の片付けが出来なかった…

家が綺麗になれば今までより心地よく過ごせると思いますよ。

家全体の片付け以外にも片付けはしたがゴミの処分に困っていたり、大型家具や家電だけでいいから処分して欲しいなどちょっとしたお困りごとがあればお気軽にお問合せ下さいませ。

また、「ダブルバリアプロ」と言う除菌消臭材を導入したので気になる方はご覧ください。

ダブルバリアプロ①

ダブルバリアプロ②

 

残置物撤去/市内H様

2020年03月25日
依頼内容
不動産会社様から残置物撤去の作業依頼
不動産会社様からのご依頼で残置物撤去の作業を行いました。使えそうなものは売却代行も致しました。ゆくゆくは解体するという事でしたが「ありがとう」という感謝の気持ちも込めてしっかりと清掃も行わせて頂きました。お品物を処分する前に貴重品(金銭、書類、写真等)が出てきた際はお戻しいたしますのでご安心してお任せくださいませ。
サービス内容
清掃無料サービス
お立会い不要
貴重品の捜し出し
買取り

間取り

5DK

作業日数

3日間

述べ作業人数

9名

防災の備え。

2020年03月11日

コロナウイルスの影響でマスクに続きトイレットペーパーまでもが入手困難になっているみたいですね。

トイレットペーパー不足になるのはデマのようなので、中々難しいですが間違った情報に惑わされずに行動しないといけないですね。

正直マスクよりもトイレットペーパーがないほうが困ってしまいますもんね。

社長が話していましたが相田みつをさんの「うばい合えば足らぬ、わけ合えばあまる」という言葉があると聞き、本当にそうだなと実感しました。

私も子供用マスクを間違って買ってしまったので兄のところに送ったり、母からマスクが送られてきたり、職場にあげたりと分け合うことでなんとか足りているので、そういった行動が大事だなと感じました。

県のホームページに新型コロナウイルス関連感染症のページがまとめられていたので参考にしてください。

福島県ホームページ

もし、自分がなってしまったらと思うと心配ですので正しい知識を取り入れて行動するようにしないといけないですね。

 

そして、今日で東日本大震災が起きて9年が経ちますね。

当時はペットショップで働いていたのでお客さんの犬を抱きかかえながら外に逃げたのを覚えています。

もう9年もたつのかと驚かされますが、あの時のことを忘れないように日々、防災についての備えや対策などをしないといけないですね。

Kaoホームぺージ⇒被災経験者の声から学ぶ「備え」

このサイトには被災経験者がしている防災の備えについてまとめられているのでとても参考になりますよ。

トイレットペーパーなどの備蓄なども一人一人がしていれば今回のようなトイレットペーパー不足にも対応できたかもしれませんね。