ALIVEブログ

ヒートショックにご注意を。

2020年01月15日

12月はいつもの年よりは暖かかったですが、1月に入り段々と冬らしくなってきて今日の朝は郡山でも少し雪が積もっていました。

寒くなってくると特に気をつけたいことはヒートショックですよね。

ヒートショックでの死亡事故は交通事故よりも2倍も多く、高齢者の家の中での死亡事故の原因の4分の1をしめているのだそうです。

<ヒートショックとは>

気温の急激な変化によって、血圧が急激に上下し脳梗塞や心筋梗塞などの心臓や血管の疾患が起こることをいいます。

暖かい室内(血圧:安定)

寒い脱衣所・浴室(血圧:急に上昇

熱い浴槽(血圧:急に低下

寒い脱衣所・浴槽(血圧:急に上昇

特に温度変化の大きいお風呂場が多いですが、トイレや廊下なども注意が必要です。

<ヒートショックになりやすいチェック項目>

65歳以上の高齢者である

メタボ、高血圧、糖尿病、心臓や肺や器官が悪いと言われたことがある

浴室・脱衣所に暖房設備がない

一番風呂が好き又は熱い風呂(42度以上)が好き

飲酒後にお風呂に入ることがある

30分以上お湯に浸かっている

お風呂に入る前にかけ湯をしない、又はかけ湯やシャワーを体の中心からかける

一人暮らし、又はお風呂に入る前に家族に何も言わない

<入浴中のヒートショック対策>

・こんなときはお風呂に入るのを控える

→体調が悪いとき、血圧が高いとき、食後や飲酒後すぐ(1時間以内)

・浴室や脱衣所も温める

→お風呂を入れているときに蓋を開けておく、シャワーで浴室を温める、暖房器具などを使う

・お湯の温度は41度以下にする

・お風呂に入る前にかけ湯をして体をならす

→体の中心部を急に温めるのはよくないので足や手など心臓から遠いところから

・入浴前後、水分補給をする

・お風呂に入る前に家族に声掛けをする

・浴槽から出るときはゆっくりと出るようにする

 

私が浴室の寒さ対策として行っていることは、冬場はお湯を溜めているときから入浴中は換気扇を回さないようにしています。

それ以外はカビ対策として換気扇をつけていますが、換気扇を回すのと回さないとでは寒さが全然違うのでおすすめです。

ちなみに入浴中に換気扇を回すと天井付近に結露が出来る原因だそうですよ。

浴室の温度も上がりお湯の温度も下がりにくくなるので一石二鳥です!

中々、脱衣所やトイレの暖房対策と言ってもずっと温めるわけにもいかないので、その時だけぱっと使える電気ストーブなどがあれば便利ですよね。

一人暮らしの方は最悪孤独死の恐れもありますので、しっかり対策をしましょう!

高齢者のゴミ出し支援制度。

2020年01月08日

『ゴミ出し支援制度』という制度があることを知っていますか?

これはゴミ出しが困難な高齢者や障害者等を対象にゴミ出しを支援する取り組みのことです。

まだまだ少ないですが、全国の自治体のうち約2割がゴミ出し支援制度を実施しています。

福島県でも福島市で「高齢者(概ね65歳以上)又は障がい者のみで構成される世 帯か単身世帯。その他、市長が必要であると認めるもの。」に対してゴミ出しの支援をしていますよ。

高齢者のゴミの課題として

1.ごみ出しができなくなる。

住環境が不衛生になり、ごみ屋敷に発展の恐れがある⇒社会的孤立を深め悪循環になる。

2.不適切なごみ出しをする。

ヘルパーや家族にお願いしてもやむを得ず収集日以外に排出する恐れがある⇒ごみの収集・運搬に支 障をきたしたり、近隣住民とのトラブルに繋がる可能性がある。

3.無理にごみ出しを続ける。

転倒や筋力の低下により怪我のリスクが高まる⇒自立歩行ができなくなったり、寝たきりになったりする。

等があります。

こうしたことからも、高齢化社会が進むほど『ゴミ出し支援制度』が重要になってきますね!

ゴミ出しだけではなく、ゴミ出しの時に声掛けをする事でセルフネグレクトの防止や異変に早く気付くこともできます。

人員不足や支援体制の見直しなど問題は様々ありますが、昨年、「要介護状態にあったり、障害を持っていたりするなどの理由で、ゴミ出しを自力で行うのが難しい人に対して、支援を実施する」また、「ゴミ出し支援を行っていない自治体に、ゴミ出し支援事業を行うように呼び掛ける」という総務省の方針を発表しました。

ゴミ出しの支援を行っている市区町村などの地方自治体に特別交付税をつけ、その費用の半分を国が負担するということなので、ゴミ出し支援制度が増えていくことに期待したいですね!

 

参考:青森県弘前市HP高齢者等へのごみ出し支援制度について

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

2020年01月06日

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

更なるサービスの向上に努めて参りますので、本年も株式会社ALIVEをどうぞよろしくお願い申し上げます。

本日より通常営業しております。

お正月は皆さんゆっくり過ごせましたでしょうか?

年末年始もお仕事の方もいらっしゃるので頭の下がる思いです。

お正月に実家に帰るとついついお酒と美味しいごはんが進んでしまい見事にお正月太りしてしまいました(;´▽`A“

お正月で緩んでいた気持ちを切り替えて今日から頑張りましょう!

年末年始のご案内。

2019年12月26日

クリスマスも終わり早いもので今年も残りあとわずかとなりましたね。

今年は新元号が令和になったり、消費税が10%になったり、大型台風は来たりと様々なことが起こった年でしたね。

個人的には南海キャンディーズの山ちゃんと蒼井優が結婚したことには意外過ぎてびっくりしました∑(‘◇’*)エェッ!笑

 

さておき、年末年始のお休みは12月28日~1月5日とさせていただきます。

事務所は不在となりますが電話対応は受け付けておりますので、お気軽にお問合せくださいませ!

家族が集まる機会に普段できない生前整理や遺品整理の話をしてみてはいかがでしょうか?

来年度も株式会社ALIVEをどうぞよろしくお願い致します。

 

ごみ屋敷や汚部屋の問題。

2019年12月20日

高齢者の自宅介護などをするにあたってごみ屋敷や汚部屋に直面するケースも少なくないと思います。

高齢者の一人暮らしの増加に伴い年々ごみ屋敷の問題も深刻な社会問題となってきていますよね。

そこに住んでいる本人のリスクから考えると…

・衛生面、健康面の問題

・火災

・孤独死

・ご近所トラブル

・転倒などの事故

等が考えられます。

 

しかし、この問題はそこに住んでいる方だけの問題だけではなく、そこに携わる方たちへの影響も少なくないですよね。

衛生面や健康面での問題は特に注意しないといけません。

・害虫がもたらす病気

ハエやゴキブリやダニ、ネズミなどは細菌やウイルスを媒介する恐れがあるため注意をしないといけません。

・アレルギー症状

ハウスダストやカビ、ほこりが原因でアレルギー症状を起こす場合も…。

以前ブログにも紹介しましたがカビは認知症の原因のひとつだそうです。

・精神面での問題

そこで介護などをしなければならない精神面の問題も考えられます。

(仕事だと割り切れればいいですが、中々難しいですよね…)

 

こういったことからもそこに携わる方たちにとってもごみ屋敷の片付けは非常に重要です。

本人が片付けを嫌がる、金銭面で難しいなど簡単な問題ではないですが、ALIVEではこうした問題にも力を入れておりますのでお困りごとがあればまずはご相談くださいませ!

また、ゴミ屋敷や汚部屋まではいかないけどそのような傾向がみられる場合は早い段階での対処が重要になってきますのでちょっとした片付けやゴミ処分などもご相談ください!

1 2 3 12